牛肉の部位【肩ロース】の名称と特徴|美味しい食べ方をご紹介 | おが屋ブログ

牛肉の部位【肩ロース】の名称と特徴|美味しい食べ方をご紹介

肩ロースの名称

日本語:肩ロース・クラシタ

英語:Chuck Eye Roll(チャックアイロール)

牛の部位肩ロース

肩ロースの特徴

肩からおしりのほうまで伸びている胸最長筋という長いロース肉の始まり部分。スジはあるもののキメは細やかで肉質は柔らか。サシが入りやすく赤身とのバランスもよくコクと濃厚な味が特徴ですね。きちんとスジや筋膜を掃除すればリブロースやサーロインにも負けない高級な部位として取り扱われます。大きさは7~8kgはありますのでとても大きな部位となります。リブロースやサーロインと比べて安価。

  • スジはやや多め
  • キメは細やかで肉質は柔らかい
  • コクがあり濃厚な味わい
  • リブロースやサーロインより安価

美味しい食べ方

スジを取り除けば焼肉、ステーキ、しゃぶしゃぶとなんでもいけますが、一番のおすすめは薄切りにしてすき焼き、もしくはしゃぶしゃぶですね。とにかくサシと赤身のバランスが抜群なので見栄えもよいので家でこれが出てきたらテンション上がります。

d1675c545367824e7acebe98245b971c_s

肩ロース

  • すき焼き
  • しゃぶしゃぶ
  • 焼肉
  • ステーキ