モリンガとは?その【効果と効能】をさぐる。本来の自分を取り戻せ!

最近いろいろなメディアや

知人友人から「モリンガ」という単語を

見聞きしています。

 

その多くが「すごい!」という絶賛の声。

 

 

モリンガ 花

なんてことない「普通の木」なんですけど、

その栄養素の豊富さからか?

 

「奇跡の木」とか「薬箱の木」なんて言われています。

 

 

「ほんとかよ?」

 

 

と、なかば疑いながらも

気にはなっていました。

 

 

私自身人生の後半戦に向けて

「なにがしかの対策を取っていかないと」と

考えておりまして、

 

 

「体に良いものはないか?」と、

 

いろいろ調べている最中だったので、モリンガについてもくわしく調べてみることに。

 

 

で、調べれば調べるほど、

 

「なるほど、これはすごい!」

 

という思いが強くなりました(単純)

 

 

ということで、

今回はこのモリンガについてお話いたします。どうぞお付き合いください。とくに、体の調子がいまいちの人は必見です。

 

 

モリンガの効果がすごい?

モリンガ 木

そもそもモリンガとはなんぞ?

 

モリンガってそもそもなんですか?というところからお話ししたいと思います。(ご存知の方はすっとばしてください。)

 

上の写真のようなどこにでも生えていそうなもともとは北インド原産のなんてことない木。

 

寒さには弱いのですが、熱帯地域であればその強い生命力から、どんな荒地でもたくましく育ちます。

 

しかも種をまいてから1年であっという間に実を結び、2年で3~10メートルくらいまで成長するというパワーあふれる木なんです。

 

見た目は細くてなんとなく弱っちいんですけど。

 

 

モリンガの和名はワサビの木

 

和名は「ワサビの木」といわれています。

 

九州や沖縄で栽培されていますが、中には「家の裏庭によく分かんねぇけど生えている木」が

実はモリンガだったとなんてことも。

 

言い方は悪いですが、知らない人にとってはでかい雑草のようなものなのかもしれません。

 

 

モリンガは栄養満点

 

でもね、

このように広く話題になるということはモリンガには【ものすごい栄養素】が含まれているのということに日本の多くの人が気づき始めたんですね。

 

ちなみにインドでは、昔から民間療法にモリンガが使われていてその効果を多くの人が実感しています。

 

また、

アフリカの貧困地域にこのモリンガを使い、栄養失調の救済のひとつのアイテムとしているなんてことも。

 

これ、国連でも推奨されているとのこと。

 

 

代表的な栄養素としては

 

  • カルシウム
  • たんぱく質
  • マグネシウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • カリウム
  • ビタミンA
  • 鉄分
  • GABA
  • ポリフェノール

 

などなど。

これって人間にとって必要な栄養素をほぼ網羅しちゃっているんじゃないの?

 

モリンガ含有のサプリメントが研究開発され、日本でたくさん出回るようになり結果を出してきたからこそ話題になっているんでしょうね。

 

納得。

 

 

モリンガの効果や効能は?

モリンガ イラスト

でですよ、

 

モリンガの効果や効能はどういったものがあるのか?を本やネットで調べてみると、出るわ出るわ(笑)

 

代表的なものとしては、インドの伝統医学として知られてる「アーユルヴェーダ」

 

そこには「モリンガは300もの病気を防ぐ」と記述されています。

 

アーユルヴェーダってなに?
アーユルヴェーダとはサンスクリット語で【アーユル=知恵・ヴェーダ=生活】という意味。それは「体も心も健康的で豊かな人生を送るための指南書」というふうにも受け取れ、古くから言い伝えられてきた世界でも最古の伝統医学。

 

モリンガの効果や効能はたくさんありますが、代表的なものをいくつか取り上げてみます。

 

 

モリンガの抗酸化作用とデトックス

 

酸素 泡

 

我々は日々酸素を吸って生きています。この酸素の中で「体内で使われなかったものの一部」が酸化して【活性酸素】というものに変化します。

 

この活性酸素、けっこう厄介なもので、これが増え過ぎると、血管や細胞を傷つけ動脈硬化や高血圧・脳卒中を引き起こしたり、老化そのものを促進されたりします。

 

人は酸素に生かされ酸素に殺されるということか・・・(うーむ)

 

この酸化した【活性酸素】をやっつけてくれる作用が抗酸化作用。

 

そして、

この抗酸化作用を持つ物質のことを抗酸化物質と呼び、モリンガもこの抗酸化物質のひとつ。

 

簡単に言うと、モリンガを体内に摂り入れることでアンチエイジングの効果が期待できるということなんですね。

 

 

 

モリンガで糖尿病の改善!?

 

2014年の厚生労働省の調べによると、糖尿病の患者数はなんと316万6,000人。2011年調査の270万から46万6,000人も増加して過去最高となってしまいました。

 

かくいう私も、もろ糖尿病家系。今のところ大丈夫ですが、「そろそろ気を付けていかないと」とは思っています(遅い)。

 

 

予防法としては

 

・バランスの取れた食事
・適度な運動
・ストレスフリー

 

など。

 

血中糖度の上昇を抑えるのが重要なのですが、生活習慣を変えるのって正直なかなか難しいですよ。

 

運動なんて年数回のゴルフしかしないし。

 

ただ、血中糖度が上がりっぱなしだと、すい臓がインスリンの分泌にフル回転しなくてはいけません。

 

で、そのうち糖分の処理が追いつかなくなりパンク、と。

 

今回取り上げているモリンガ。

 

このモリンガの葉から抽出された液や粉末で身体の血中糖度を低下させる作用があるんですと。

 

さすがにモリンガだけに頼るわけにはいきませんが、糖尿病予備軍のわたしの助っ人となるのではないかと期待しています。

 

※注意!このようにモリンガは血糖値を下げる効果があるといわれています。今現在、血圧降下剤などを服用されているかたは 血糖値が下がり過ぎてしまう危険性があるので、モリンガを取り入れる際はかかりつけのお医者さんに相談してください。

 

 

モリンガは花粉症にも効くのか!?

花粉症 マスク 杉

これ、気になりますよね?

 

モリンガには花粉症に良いといわれているポリフェノールがたくさん含まれていますので、モリンガを持続して摂取していくことで花粉症の症状が緩和されていくといわれています。

 

デトックス作用により【本来自分にとって必要のないもの】を排除する

 

 

しいては、免疫力がアップするといわれていますので、花粉症に限らずアレルギー性の症状に効果が期待できるはずですね。

 

 

その他モリンガの効果・効能

 

そのほかにもさまざまな効果や効能が

 

・高血圧の予防改善
・基礎体温の上昇(免疫力アップ)
・安眠作用
・便秘の解消(腸内環境を整える)
・乾燥肌やにきびの改善
・二日酔い軽減
・アトピー改善(アレルギー体質改善)

 

薬ではありませんから「モリンガを取り入れれば治る!」というわけではありません。

 

個人差もありますしね。

 

ただ、モリンガに含まれているさまざまな有効成分によって体質が改善され、今よりも抵抗力のある強い体になるというわけでしょう。

 

結局のところこの「抵抗力のある体」っていうのが一番。

 

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

効果や効能のほかにも、実際にモリンガを愛用している人、飲んではみたけど合わなかった人など、いろいろな口コミを参考に商品をピックアップしました。

 

まずは手始めに

[amazonjs asin=”B008HN9NC8″ locale=”JP” title=”琉球新美茶(モリンガ茶) 30包”]

を注文。

 

薬じゃないですからね、即効性は期待していませんがその後の変化などがありましたらまた別記事にてご紹介させていただきます。

 

 

追記

モリンガ茶を飲み始め、徐々にではありますが実際に体が調子が良くなっているように感じていました。

 

ただ正直、お茶を淹れるのが少々億劫であると同時に味覚が変わってきたといいますか、個人的に香ばしいお茶のにおいが昔ほど好きではなくなってきたのせいか、

 

飲んだり飲まなかったり・・・(一番ダメなやーつ)

 

「これじゃせっかく溜めているモリンガパワーがなくなってしまう。」という思いから、いろいろネットで調べてサプリを見つけました。

これ↓↓↓

モリンガの小粒

余計なものが入っておらず、コスパもよく(大事)、なによりモリンガ独特のにおいもないということでしたので試してみることにします。

 

 

私の場合、糖尿病予防や二日酔い防止などを期待しつつ、不足しがちな栄養素がお手軽に摂れたらいいなぁと思っていますが、

 

  • 便秘解消や腸内環境を整えたい人
  • 栄養の偏りが気になる人
  • 肌荒れ・ぶつぶつが気になる人
  • ぽっこりお腹が気になる人

 

などでお悩みでしたら、チェックしてみてはいかがでしょうか?(下記ボタンから上記モリンガサプリの公式ホームページへ飛びます)

 

 

 

私も飲んだ感想やその後などを別記事にて書こうと思いますのでよろしければまたお付き合いください(^^♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。